絶対等級や恒星の色などについて勉強してた

星について勉強しました。BD+36°2147の見かけの等級は、7.49等です。年周視差は0.392″です。距離は8.3光年です。シリウスの見かけの等級は、−1.44等です。年周視差は0.379″です。距離は8.6光年です。実際の明るさを比較するためには、すべての恒星を10パーセクの距離において見たと仮定したときの等級を用います。この等級を絶対等級といいます。太陽の絶対等級は4.9等級で、太陽は他の恒星とくらべてとくに明るい恒星ではなく、ごく標準的な恒星であるといえます。オリオン座のペテルギウスは赤味をおび、リゲルは青白く輝いています。こうした恒星の色の違いは、恒星の表面温度が異なるためです。表面温度の高い恒星ほど波長の短い光を強く出しています。すなわち、青い恒星は赤い恒星より表面温度が高いです。このようなことを学びましたが、知らないことがほとんどだったので知れて良かったですし、勉強になりました。キレイモ カウンセリング