セルフのガソリンスタンドを初めて使ってみたら

灯油の扱いに慣れていない私は、車に給油するときにはなるべく有人のガソリンスタンドを使います。でも先日、どうしても必要に迫られて、セルフのガソリンスタンドを初めて使いました。
タッチパネルでレギュラー・ハイオク・軽油のいずれかを指定し、現金を投入して、車の給油口のキャップを開けて、ノズルを給油口に差し込む—ここまではどうにかなりました。ところがその後、トリガーを引いても全く動かず、ガソリンが車に入りません。不安になった私は店員を呼んで、結局その後の操作をすべてやってもらいました。ガソリンを入れて、ノズルを戻し、給油口のキャップを閉めて、料金を精算するまでを全部店員にやってもらったのです。セルフのスタンドなのに、これでは有人のスタンドと変わりがありません。
「結局私はいつまでたってもセルフのガソリンスタンドを使えないのかな…」
あきらめに似たような気持が頭の中をよぎりました。でも、今やガソリンスタンドといえばセルフが主流で、有人のスタンドを探すのが大変なのも現実です。次回セルフで給油するときは、夫に手取り足取り教えてもらいながら、何とか自分でできるようにしたいです。