昨日YouTubeで裁判員制度についての動画をみて

裁判員制度というのが導入されて暫く立ちますが、まだ自分の所には来ていません。私はこの栽培員制度とは反対の立場をとっています。なぜかというと、法律的なこうした物事の考え方を学校では一切教えていないからです。つまり感情によって裁かれることが大半だろうと思うからです。人の死に関わる案件を、専門家でもない人間がこれをジャッジするのはそもそも誤りでしょう。それならば労働審判などにこうした制度を採り入れるべきだと私は思います。

不条理な理由で解雇されたり、給料を支払わなかったり、パワハラ、嘘の求人、恫喝面接など労働者は極めて人権侵害を受けていると、海外からも指摘を受けているくらいです。それなのに、労働審判とは密室の中で資金のない労働者側は弁護士すら雇えず企業と闘わなければならない。経験から非常に苦しい状況なんです。それを一般人の感覚で話が通るか通らないかをジャッジするのは弱者救済の為に不可欠です。何かやり方をこの国は間違えているミュゼ 全剃り