すべての人道を負かした動画 「帰ってきたヒトラー」のメッセージ

こういう画像を知ったのは、ウェブの喚起でした。“仮に、あの独裁やつアドルフ・ヒトラーが現代にいたら”を概念にした品物で、今までのヒトラーをネタにした品物とは異なり、コント画像として作られてあり、過去のヒトラーの画像のパロディやIFをたっぷり盛り込んだ品物となっています。
 主演を務めた、アイドルのオリバー・マスッチの完成度の高いヒトラーの役柄や、今までの画像には無かったドキュメンタリータッチのクセには驚かされ、しかも、ほとんどのシーンではエキストラではなく、実際のストリートの自身や、本物のドイツの政党の党員や政治実家を起用する辺り、本物でしか見る件の出来ない反発や回答を画像で確かめる事ができて、有難い意味で今までの画像に対する常識を壊してくれました。
 そして、殊に一番雰囲気に残るのは、実際のドイツに起こっている不都合をもしもこういう地にヒトラーがいたらという推論で言葉が結び付く雑貨でした。転職不都合や指令不都合辺り、現実におけるヒトラーが政権を握った時とおんなじ不都合をかかえていらっしゃるドイツを見ていると、歴史は繰り返されると改めて認識されるのと同時に、この時代ヒトラーの様なそれぞれがいたらどうなるのかと考えさせられた品物でもありました。
 しかし、ドイツが今抱えている不都合は日本でも抱えている問題でもあり、画像を見ている状態、日本に置き換えて見てみると、本当にやった事はそんなに褒められることでもなければ、許される事でもありませんが、今の日本に必要なのは、もしかして、ヒトラーの様なカリスマ性を有する読者なのでは、と瞬間脳裏を過りました。
 画像のエンドも衝撃的なものであり、見ていた状態、はからずも“うわっ”と意見をだしてしまいました。身が今まで見た画像の中で一際インパクトのあるシーンで、ずいぶん、言葉では言い表せないものでありました。しかし、とりわけ一番考えさせられたのが、仮にヒトラーがいたら、人々はどこに伺うのか、向かわなるのか、客受けし英雄として称え、もう一度崩壊の進路に行くのか、それとも、過ちは繰り返さず張り合うか、作り物とはわかっていても、ここまで考えさせられた品物は以外にはありません。http://www.elpalacete-hotel.com/